かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

令和元年8月7日      エアロと男子新体操 

                                                 基本動作の奥深さ

 

昔の、エアロビクスのビデオ。

見てみると、早送りする事無く、ずっと全部見てしまう。

飽きない。

これは、フォームチェックしながら見るからだろうと思う。

ここは、つま先まで伸びてきれいに出来ている、とか、

ああ、ここは反対の腕が遊んでしまっている、とか、

もっと柔軟性が有れば、とか、

そんな事を感じながら見てしまうのだ。

で、この、昔の競技会のエアロビクスを見て、

これの何が面白いの?という人も居るだろうな、と思った。

もっとダンスっぽくやればいいのに、とか、

もっと面白い振り付けをすればいいのに、と思う人はいるだろうな、と。

でも、やっている本人たちは、基本動作を極める事に執念をもち、喜びを感じていたのだ。

基本動作以外に興味は無いのだ。

いかに美しく動くか、

いかに可動域一杯に動くか、

いかに姿勢を崩さずに動くか、

いかに腕や脚が真っ直ぐ伸びている様に見せるか、

いかにハイキックを真っ直ぐ高く挙げるか、

そういう事に執念を燃やしてやっているのだ。

そして、そうしようとすればするほど、運動強度が高くなるのだ。

その、キツさも我々の喜びだった。

キツければキツいほどうれしかったのだった。

何のスポーツでもそうだが、見た目は軽々とやっている様に見えても、

実はかなりキツい事をやっている、という事が有る。

そのスポーツの経験者なら、見てすぐ「ああ、これはきついな」と解る。


そんな事を考えてみて、気が付いたのだが、自分が男子新体操を好きになったのも、こういう所なのではないか。

姿勢が美しいとか、基本動作が美しいとか、コントロールされた動きをしているとか、

そんな所を見て感動しているのだな、と思った。

なので、やっぱり自分としては、男子新体操を見ていて、基本的な所に感動を見出す。

タンブリングなら、やっぱり3つバックスワンが一番好きだったりするのだ。

上挙が好きだったりするのだ。

男子新体操がなぜ広まらないのか考えた時、やっぱり知らない人が見たら地味に見えちゃうんだろうな、と思った事が有る。

知っている人が見れば、どんだけ凄い事をしているのか解るだろうが、知らない人が見たら派手さが無いのだろう、と。

いやいや、でも、そこが良い所、美しい所なんだよ、と言っても理解してもらえないのではないか。


エアロビクスでも、ダンスっぽいのが好きな人と、基本的でキツいのが好きな人に分かれる様だ。

ダンスっぽいものが好きな人にとって、基本的なものは「つまらない」ものでしかないのだろうと思う。

なので、男子新体操を好きな人でも、ダンス派と基本派に分かれるのかもしれない。

でも、世の中、なんでもそうなのかもしれない。

若い友達が自転車を買ったのだが、タイヤの小さい奴を買った。

こんなタイヤが小さいと遅いじゃん、もっと大きいのにすればいいのに、と言うと、

このほうがかっこいいから、だと言う。

そういう事なのだ。

見た目が派手だったりしないと「一般」には広まらないのだろうと思うのだった。

だけど、少数派であったとしても、やっぱり基本は美しいし大切だと思う。

 

 

 

日本生まれの美しいスポーツ 男子新体操入門

昔のVHSテープから

 
 


 

 


 


コメントなどはツイッターやメールでお願いします

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ