かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

令和元年6月14日       男子新体操が国体種目に      悲願の国体復帰

 

男子新体操が、国体(国民体育大会)の種目に「復帰」する事が決まったと報じられました。

実は昔は国体の種目だったのです。

その頃のVHSの映像なんかも残っています。

自分は男子新体操のファンになって、まだ日が浅いので、実感として知らないのですが、

国体復帰は関係者の悲願でした。

2008年から「休止」扱いとなっていましたが、関係者の努力により、

2023年の佐賀国体から復帰する事になったのだそうです。

(2023年から、国民体育大会を国民スポーツ大会と改称するとのことで、国体→国スポと呼ぶそうです)



全都道府県に競技者がおらず、人数自体も少ないため休止扱いになっていたのですが、ジワジワと競技人口も増えて来ている様です。

国体に復帰すると大きな追い風になります。

開催県ではスポーツに力を入れて学校の部活などにテコ入れをするようです。

宮崎県が国体の開催県になった時、男子新体操の部活が無かった学校に部を作り力を入れ、

現在では宮崎県立小林秀峰高校の男子新体操は、全国大会上位の実力を誇っています。


また、NHKなど、テレビ放映される機会も増えるものと思われます。

男子新体操を見た事が無い人でも、その名前くらいは知ってるよ、という人も多いと思います。

考えるに、それは鹿児島実業高校の業績だと思います。

彼らの演技がマスコミに取り上げられる機会も多かったため、

知らない人でも「男子新体操」という名前くらいは知っているのではないでしょうか。

鹿実の偉大な業績だと思います。

ただ、男子新体操は鹿実だけではありません。たくさんの学校がすばらしい演技をしてくれています。

さてみなさん、国体復帰まであと4年。

今から男子新体操を知っておきましょう。

Youtubeには多くの動画がアップされています。

是非見て感動して欲しいと思います。

男子新体操は、日本発祥の美しいスポーツです。



日本生まれの美しいスポーツ 男子新体操入門

 


 
 


 

 


 


コメントなどはツイッターやメールでお願いします

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ