かわいひでとし日記


 

令和元年10月26日    大変お上品    三つ子の魂百まで

 

自分はご幼少のころ、お坊ちゃま育ちで、

なんだか武家っぽい躾をされて育った感じがする。

電車に乗ったら、男は立っていなさい、

だとか、

男が食べ物をうまいとかまずいとか言うものではない、出されたものを黙って食べなさい

だとか、

人と話すときはその人のところに届くだけの声量で話しなさい、その人より遠くまで届く大きな声でしゃべってはいけない、

だとか、、、、


くそ親父になった今でも、その辺のところは結構守って生きています。

去年体調が悪かった時、さすがに電車で座りたくて座ったりしたけれど、

今はまた絶対座らないようにしています。

ジムでトレーニングをする時も、1セットやったらマシンからどいてインターバルをとる様にしていたりもする。

インターバルの間におばさんが使って、えらい待たされる事も多々有るのだけれど、

なんだか生真面目に1セットずつどいている。


レジだのなんだの、何かの列に並ぶ時も、店によっては2列になっていたりする事があるけれど、

自分より先に並んでいた人を抜かさない様に気を使ったりする。


仕事から帰ってきたら、部屋に入って、うー、疲れた~、と言って座るのも禁止されている。

帰宅したら座らずに、やることやってから座らないといけないことになっている。

そんな風にしているから何が起こるわけではないけれど、なんか、そうしていたいと思うのです。

みなさん、少しは見習いなさい。

 

理想の男

親は有っても子は育つ? 

法的には問題ない?

 
 


 

 


 


コメントなどはツイッターやメールでお願いします

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ